2019年05月09日

久しぶりの東京散策 2

根津美術館を訪れた後、地下鉄表参道駅から出てすぐのところにある表参道ヒルズという商業施設に立ち寄りました。



この場所に以前訪れた時には、同潤会アパートという鉄筋コンクリート造のアパートが建っていて、その時はすでにアパートではなく店舗に転用されていました。



表参道ヒルズは関東大震災後、復興計画の一環として建設されたツタの這う外壁の旧同潤会アパートの一部を残して歴史ある表参道の景観と環境との調和を第一に考えて設計された建物で、地下を造ることで地上部分の高さを出来るだけ抑えることによって、歩道を歩く人への圧迫感を抑えるように配慮されていました。


また内部は、中央の吹抜け空間をらせん状に囲むように位置するスロープから各店舗へ出入りするような構成になっていて、吹き抜け部分から各店舗が見渡せとても分かりやすい空間になっていました。残念ながら内部は撮影禁止になっていたので写真は撮れませんでしたが…。


IMG_0847.jpg

IMG_0838.jpg


posted by yuhi at 12:12| 山口 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月04日

久しぶりの東京散策 1

IMG_0797.jpgちょうど平成最後の日である4月30日に、久しぶりに東京の街を散策しました。

地下鉄表参道駅からみゆき通りといわれているプラダなどのおしゃれなファッションブランドビル街の通りを通って、

およそ10分ぐらいのところにある根津美術館に立ち寄りました。

比較的な小さな美術館ですが、勾配のある地形を生かした広い日本庭園、庭園に臨むカフェ、茶室などがあるので見どころはたくさんありました。

庭園というより森の中にいるようで、小川のせせらぎや鳥のさえずりも聞こえるような静寂の世界で、

お洒落な南青山にいることを一瞬忘れてしまうほどでした。

常設展は日本や東洋の古美術を展示してあって、特別展は「尾形光琳の燕子花図」でした。

この建物は新国立競技場を設計した隈研吾氏設計ですが、自然素材を取り入れる彼らしい設計で

正門から竹の生垣と竹の外壁に囲まれた長いアプローチ空間は、この先の空間に期待感が持てるような高揚感がありました。


IMG_0830.jpgIMG_0787.jpgIMG_0802.jpgIMG_0814.jpg

posted by yuhi at 12:23| 山口 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。