2006年11月27日

有りえない住宅

hon1001b.JPG 「ありえない家」という言葉からは、マイナスのイメージが思い浮かぶのではないかと思いますが、逆によくこんな厳しい条件でこんないい家ができたなというケースがあります。

 車2台やっとおけるぐらいのたった9坪の敷地にマイホームを建てたいという‘非常識’とも思える家造りに挑戦して、建築家、工務店、建て主らが様々な知恵を結集し見事に実現できる場合があります。こういったいわゆる‘狭小住宅’だけでなく、変形敷地や予算上の厳しい制約の悪条件を乗り越えて、夢のマイホームを実現して行くには、決してあきらめないという強い意志と情熱、発想の転換が必要になります。

 悪戦苦闘して、夢のマイホームを実現していった実例を挙げて、新たな住まいの可能性を解読していく内容の本を、これから住まい造りにチャレンジする方の為に紹介します。参考になると思いますので、ぜひ一度読んでみて下さい。

      「ありえない家 トーキョー狭小住宅物語」
              細野 透 著  日本経済新聞社 発行


ラベル:ありえない家
posted by yuhi at 11:17| 山口 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック